アジョワン

アジョワンは、インディアン・キャラウェイの一種で、インドが原産地の一年草の植物です。
姿はパセリによく似ており、種子の形もパセリシードに似ています。
種子はそのままの状態ではほとんど芳香はありませんが、砕くとタイムに似た香りがします。
インド料理には欠かせないスパイスで、カレー粉や整腸剤などの薬理用として利用されているそうです。
古くはチモールの原料として大切なものであったが、合成原料の登場で、取って替わられました。

香りの相性がいいブレンド

・ハーブ系:バジル
・柑橘系:オレンジ、グレープフルーツ、レモン
・フローラル系:ラベンダー
・スパイス系:ブラックペッパー
・オリエンタル系:サンダルウッド
・樹木系:ウィンターグリーン、カンファー、ジュニパー、ユーカリ

アジョワンというスパイスは日本ではまだそれほど知られておらず、世界的にみてもインド周辺の国以外ではマイナーな存在となっておりますが、そのインドではマイナーどころか、どの家庭にもあるようなとてもメジャーなスパイスかもしれません。
特に薬用として知られているのです。

アジョワンを実際にかじると何となくマイナー感が漂うのですが、かなりの独特な香りと辛味を持ちあわせています。
これを料理で使いこなすのも容易ではないのです。

そんなアジョワンですが、その面白い名前からしていろいろ興味深かいです。

アジョワンは、分類上はクミンやキャラウェイに近い植物なのですが、味はハーブのタイムに近いとされています。
化学的にもタイムに含まれるチモールという成分が、このアジョワンにも含まれている為、納得が出来ます。

しかし、最初にアジョワンの香りをかいだ印象は全く違い、アジョワンの香りは、まさに湿布の匂いがしました。

レシピにも、よくタイムの代わりになるようなことが書かれているのを見ますが、あまりお勧めは致しません。
アジョワンはタイムより風味がとてもキツく、ものにもよりますが結構辛みがあるものもあります。
もし使用する場合は、事前によくテイスティングしてスパイスのコンディションを知ってから使うことをお勧めいたします。

こんな悩みをお持ちの方におすすめです。

【精神面】

前向きさがほしい
無気力・気持ちの落ち込み
気持ちをしっかり持ちたい
ストレス・神経疲労に

【肉体面】

風邪・インフルエンザ予防
関節痛・リウマチ緩和
肉体疲労・筋肉痛
喉や鼻の不快感・不調に

アジョワン精油はフェノール類含有率が高い=皮膚刺激性・腐食性が高いと考えられるため、皮膚利用に用いられることはほぼほぼございません。
パラシメンやチモールなどを含むことから関節・筋肉などの痛みを軽減させる働きが強いと考えられており、筋肉痛や関節痛などのケアにはとても有効的とされています。
また、洗浄作用が強いことからニキビ予防に有効的という話もありますが、スキンケアやマッサージなどでの利用では避けたほうが良いとされています。

安全性の高い精油を選ぶようにした方が確実なのです。

<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop