アサフェティダ

ニンニクのような強い刺激のある香り。

ペルシャ語で樹脂を意味するアザとラテン語で臭いという意味のフェティダが合わさった名前です。
インド、アフガニスタン、イラン、パキスタン周辺の北アフリカが原産で、現在は中近東やインドにおいて栽培されている多年草(2年生草本)で、背丈は2~3メートル程まで生長し、黄緑色の花を咲かせます。
茎から採れる樹脂状の物質を香辛料や生薬として用いられます。
精油はニンニクのような強い香りが特徴的で、決して良い香りではありません。
アロマテラピーではあまりメジャーではない精油です。
どちらかというと香辛料として使われることが多く、アサフェティダは、複数の揮発性硫黄化合物を含みニンニクやドリアンに似た強烈な臭いがありますが、油で加熱すると強烈な臭いは消えて、タマネギのような風味となります。
インドにおいて香辛料として幅広く用いられる他、ウスターソースの原料としても使われている。
強烈な臭気を喩えて、Devil's dung(悪魔の糞)という呼び名もある。
仏教ではネギ属の多くの植物とともに、五葷(ごくん)のひとつとして食用を禁止しています。
インドでは古くから香辛料や薬理的用途で利用されており、脳の働きを活性化させるとされています。

【データ】
  学名: Ferula asa-foetida
英名: Asafetida
インド: ヒング(Hing)
和名: アギ(阿魏)
科名: セリ科
種類: 多年草
抽出部位: 樹脂
抽出方法: 水蒸気蒸留法
主な産地: インド、アフガニスタン、イラン、パキスタンなど。
主な作用: 刺激、去痰、駆風、鎮痙など。

【香りの特徴】
 香り系統:   スパイス系
 揮発度:   トップノート
 香りの強さ: 強い

【心への効能】
神経疲労やストレスに対して有効とされています。
古くから神経衰弱やヒステリーなど、神経系の不調に対して効果があるとされており、処方されてきた植物です。

【体への効能】
咳や喘息、気管支炎などの呼吸器系の不調に対して有効とされています。
古くから、咳、喘息、気管支炎などの呼吸器系、便秘、腹部の膨張感などの消化器系に良いとされてきた植物です。

【注意事項】
※妊娠中や授乳中の方、幼児への使用は避けましょう。

スパイスとして使われやすいので、
【料理として】
南インド料理によく使われる他、豆や野菜料理に使用されます。
ピクルスやグレービーソース、、ウスターソース、スープの風味づけに使用します。
魚料理や生、塩漬けなどに少量加えると独特の風味が付くと同時に、魚の味が引き立ちます。
レリッシュ(薬味)として少量加えても良いです。
肉を焼く前にオーブンに少量をすりつけて使用されます。
イランでは葉や茎も食用にしています。

【薬理として(心と体への効能)】
消化器官を清掃し、胃痛や腹部の膨満感、便秘、下痢の治療に効果的とされます。
東洋医学では百日咳や気管支炎の咳を抑え、治療薬として使用されます。
けいれんを静めたり、痰を吐き出させるため、生のまま使用されます。
ヒステリーの沈静剤として効能があります。

<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop