コルツフット

咳を伴う呼吸器系のトラブルを緩和するハーブ。

学名の「Tussilago farfara」は、ラテン語で「咳を散らす」という意味で、古くから呼吸器系の不調に対して活用されてきました。
古代ギリシャではコルツフットの葉を乾燥させて煎じたものを、咳止めなどの呼吸器系の疾患に利用されてきました。
シロップやハーブティーとして飲用していたようです。
ハーブティーとしての効能は、植物に含まれている粘液質による鎮咳、去疾効果が期待でき、咳や咳を伴う風邪やインフルエンザ、ぜん息、気管支炎、カタル症状など、呼吸器系の不調に有効です。
粘液質が気管支系を包み、刺激から保護する作用がある為だと言われています。
また、胃を丈夫にする健胃作用もありますので、食べ過ぎや飲みすぎ時に飲むと効果的です。
知識として、コルツフットの葉には、ピロリジジンアルカロイドの「ツッシラギン」や「センキルキン」といった毒性のある成分が含まれており、肝臓へ悪影響を及ぼすと言われています。
ただ、ハーブティーとしての規定量を引用していれば、副作用はないとされています。
ちなみに、ピロリジンアルカロイドが含まれていないコルツフットもありますので、気になる方はそちらを選ぶとよいでしょう。

<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop