IPL(アイ・ピー・エル)

Intense Pulsed Lightの略。レーザーよりも弱い、カメラのフラッシュのような光を照射することで、 肌のハリや弾力、肌のくすみや薄いシミをケアする。脱毛目的で使用されるケースもあります。

このIPLを使った施術を「フォトフェイシャル」と呼ぶ。現在ではどちらも一般的な美容用語として使われているが、本来は特定の企業が所有する商標名。

光治療には、複数の波長が含まれており、異なる症状に働きかけるため、シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ跡・赤み・ハリ感等を同時に改善することができます。

レーザーのようにシミだけ、ホクロだけといった局所的な照射ではなく、顔全体にフラッシュを浴びせるように照射していきます。
もともとは白人の肌向けに開発されたIPLですが、近年では日本人の肌のために開発されたマシンも数多く登場しています(ライムライト等)。
レーザーでは除去が困難な「薄いシミ」にも効果を発揮し、顔全体のトーンを明るくしつつ、肌質も改善するのが光(IPL)治療の特長です。

IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトという光を使用します。
毛のメラニン色素のみに効果を発揮し、光を吸収した毛は発熱し、たんぱく質が変化することで脱毛ができるというしくみです。

IPL脱毛の施術中は照射、停止を繰り返すので、肌の温度が上がりにくいです。
また、1度で10×20mm程度の範囲の脱毛ができるため、ひざ下や背中など広範囲の脱毛が短時間でできるというメリットもあります。
光を使用した脱毛方法は肌を活性化してくれる効果もあります。

IPL脱毛のメリットは、メラニン色素のみを変化させて毛と毛根を処理してくれるため、効果がありながら肌に与える刺激が少なく、熱さや痛みも軽く、レーザーでよく多い火傷などの肌トラブルが少ないという事です。
基本的に黒いものに反応するので、シミや毛穴の汚れなどにも反応し、キメも整え、脱毛しながら美肌も手に入れる事ができるのです。

また、IPL脱毛は肌の表面に生えたばかりのムダ毛にも反応し、細くて気が付かないような産毛にまで効くので、ツルツルの肌を手に入れる事が可能です。

IPL脱毛にはデメリットも存在します。

肌に直接光を当てるので、乾燥肌の方は火傷を起こしやすい為向かないそうです。
1度の施術のみだと脱毛効果が得られません。
5回前後の施術を受けてようやく脱毛ができますので、施術を受ける分、費用もかかります。
毛根の位置には個人差があり、深い場合には、IPLの光が届かず、何度施術を受けても効果が出ないという場合もあります。

最近では、毛乳頭ではなくて、バルジという発毛因子をつくる部分にダメージを与えるという、新しいタイプの脱毛機も存在しています。

また、IPLとSSCで効果について大きな差はなく新しい脱毛機についても、毛周期に関係なく照射できるところは違いますが、必要な回数は同じなので、脱毛効果は変わりません。

IPL(アイ・ピー・エル)に興味のある方はぜひ川崎のメンズエステ、スイートルームアロマにお越下さいませ。



<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop