クチナシ

「たくあん」など食品の着色に用いられているハーブ。

アカネ科クチナシ属の常緑低木です。
古くから漢方としての利用もあり、止血や消炎、鎮静作用に効果があるとされ、処方されてきた歴史があります。
また、中国や日本では、果実を煎じて作られる黄色い液体を、「たくあん」などの着色料として利用してきました。
この色鮮やかな黄色い色素は、カロチノイド色素に含まれているクロシンによるものです。
クロシンには、血圧を下げる作用があり、上昇した血圧を正常に戻す働きがあります。
また、近年では、抗がん作用の研究が進められています。
その他の効能としては、イリドイド配糖体という成分が含まれており、肝炎や黄疸の改善、鎮静作用による不眠症改善なども有効といわれています。

<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop