ローズマリー・ベルベノン

スーっとした清潔感のあるフレッシュな香り。

地中海沿岸地域に成育するローズマリー。
学名のRosmarinusは、ラテン語で「海のしずく」を意味する言葉であり、海のように綺麗な青色の花を咲かせることから、この名が付けられたと言います。
現在では、肌を若返えらせる効果があるとして、スキンケアによく用いられていますが、ローズマリーの歴史を振り返れば、スキンケアに向いていることが分かる有名なエピソードがあります。
それは、中世ヨーロッパのハンガリー王紀エリザベートが愛用した「ハンガリアンウォーター(ハンガリー王紀の水)」のお話です。
ハンガリー王紀エリザベートが高齢で手足が痛む病気になり、痛み止めに使ったところ、病気がよくなっただけでなく、みるみる若返りました。
そして、70年代の王紀に、隣国の王子がプロポーズをしたといいます。
このことから、ハンガリアンウォーターは「若返りの水」として、現在に伝えられているのです。
ローズマリーは、栽培された地域によって、香りや成分が異なる3種類のケモタイプに分類されます。
モロッコ産はローズマリー・シネオール。
コルシカ島はローズマリー・ベルベノン。
フランス産はローズマリー・カンファーです。

<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop