セントジョンズワート

ヨーロッパから中央アジアに自生する多年草であり、
やや甘味のある深いハーブ調の香りが特徴的。

昔から「薬」として万能であり、殺菌や鎮痛作用、痛み止め、切り傷、火傷などの
治療薬として使用されてきました。

また、魔よけのお守りとして、中世ヨーロッパでは、
玄関や窓に吊るされていたといわれています。

セントジョーンズワートの名前の由来は、6月24日頃に、黄色い花が咲いて収穫され、
この日が聖ヨハネ(セントジョン)の日であることから、
この名前がつけられたといわれています。

セントジョンズワートには、他のハーブには無い「ヒペリシン」という成分が含まれており、
うつ症状や不眠症の改善に効果があるといわれています。

近年、抗うつ薬よりも効果があるとして、ハーブの先進国ドイツでは、
錠剤やティーなどで活用され、注目を浴びています。

<<一覧に戻る

禁止・注意事項

  • 当店は風俗店では御座いません。
  • セラピストへのタッチ、暴言や脅迫、その他セラピストが嫌がる行為
  • 泥酔者/薬物使用者/同業者/暴力団関係者、またはそれに付随する方のご利用
  • 各種カメラ機器による撮影または盗撮・盗聴などの行為
  • 上記に該当するお客様は、当店での施術は控えさせて頂きます。 また当店がふさわしくないと判断した場合は即刻サービスを中止させて頂きます。 その際の返金は致しませんので、予めご了承下さい。
    pagetop